一人で育てると決めた時、心に誓ったこと

life

24歳、シングルマザーになる決意をした。

娘はまだ1歳にもなっていなかった。

決意までの葛藤

離婚を考えるようになった原因は様々で、考えるだけならどうとでもなるが、決意するとなると相当の覚悟が必要だった。

毎日毎日同じようなことを何度も考えた。

  • 離婚は私のわがまま?
  • 子供は父親がいなくてもちゃんと育つ?
  • 学校行事やお出かけで、子供は寂しい思いをしない?
  • 父親は子どものことが(多分少しは)好きなのに、引き離してしまうことへの罪悪感

答えがないものだと知っていても、答えが欲しかった。

離婚はわがままじゃないよ、父親がいなくても大丈夫、お母さんが愛情をもって育てれば幸せに育つよ。

そう誰かに言ってほしかった。

けれど、そんなことないってわかってた。

離婚は自分のわがままな側面もあるし、父親がいなくても大丈夫かなんて育ててみないと分からない。寂しい思いをするかどうかは家庭次第。

正直、罪悪感に関しては本心よりも建前が強かった。罪悪感があるくらいなら離婚しなければいいのだから。

結論は自分の中で決まっているのに、覚悟だけが出来ないでいた。

覚悟を決めた時

毎日苦痛だった。

同じような葛藤を毎日繰り返し、幸せとは言えない時間を過ごした。子どもの前でも笑顔でいられなくなった。

そんな日々が続き、考えていることが馬鹿らしくなった。何よりこれ以上、父親を見て育ってほしくなかった。

覚悟を決めることができたのは、時間のおかげだった。

心に誓ったこと

子供を不自由なく立派に育てる

お金の面で貧しい思いをしたり、不自由な思いをしないようにするね。

将来の選択肢を狭めたり、必要以上に我慢したり、そんなことは絶対にさせたくない。

そして、人として恥ずかしくないように、「シングルマザーだから」って言われないようにしっかりと育てようと思った。

父親役もこなす

「お父さんががいれば、こうならなかった」ということはしないようにするね。

夜眠れずイライラして子どもに当たる、子どもと全然遊んであげられない、ってことにならないように気を付けるよ。自分で一人で育てることを決めたから、子どもにあたるのはご法度。

ママ、火おこしだって、力仕事だって何でもできるから、BBQもキャンプも山も釣りもどこでも連れて行くよ。

時間をできるだけ娘に使う

仕事も家のことも頑張るから、少し時間が足りないかも。

寂しい思いさせちゃうね。

寂しいとき、もっと甘えたいのに我慢させちゃうこともあると思う。けど、出来るだけはーちゃんにママの時間使うから。

大きくなった時、はーちゃんの中にママとの思い出がいっぱいあるといいな。

タイトルとURLをコピーしました