子どもがいる場合、離婚前にやっておくべきたった一つの手続き

living

離婚が決まってから、届出を出すまでにやっておくべきことは意外と多い。養育費の取り決めや、財産分与などの話し合い、会社への上司への報告、他にも人によっては様々。

その中で盲点だったのが

健康保険の扶養異動手続き

婚姻中は、共働きでも夫の健康保険に子どもを入れることが多いと思う。どちらに入れても問題はないのだが、私も、流れで「娘の健康保険の扶養は夫」になっていた。その時は特に気にも留めていなかった。

扶養異動手続きには時間がかかる

離婚が成立し、母の親権が確定している場合、健康保険も離婚後は母の方に入るのが普通。離婚後すぐに入れてもらえるものだと思っていた。

しかし、脱退→加入の手続きは意外と時間がかかる。

夫の会社で脱退手続きをしてもらい、その後自分の会社で加入手続きをするのだから、当然といえば当然に時間がかかる。

やっと離婚したばかりなのに、夫とも連絡を取り合わなければいけない。

扶養の事実は「健康保険の扶養」で判断

養育費も含め、収入が一定基準に満たない場合、児童扶養手当を受給することができる。

その時の条件に「扶養している事実」が必要となる。

いくら事実上扶養していても、判断材料は客観的でなければならない。

その時の判断材料が健康保険の扶養だ。

親権が母で、母子が一緒に生活していても、健康保険が夫の扶養であれば、養育費をもらっていなくても、一緒に生活していなくても、もはや全くノータッチでも、夫の扶養と判断されるということ。

手続きに時間がかかれば、その分受給開始も遅くなってしまう。

健康保険の扶養異動はいつでもできる!

健康保険の扶養異動は離婚後でなければ出来ないわけではない。

どちらに加入するかは自由。婚姻中は会社の福利厚生を加味して有利な方に加入すればいいと思う。

ただ、これまで述べた理由から

離婚が決まったら、離婚前に異動してしまった方がいいというのが私の結論。

誰も教えてくれないし、知らなかった。仕事を休んで役所に何回か行くことになり、時間も手間もかかってしまった。

このような情報がもっとオープンな社会になればいいのにな~

ポイント

児童扶養手当の判断基準については日本全国一律かはわかりませんが、私の様なパターンもあります。離婚が決まったら早めに市役所に問い合わせてみたり、会社と相談した方がいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました