「成長速度」が違う男女は長くは続かない

love

男女が一緒にいると、「この人とは成長速度が違う」と感じる時がくる。同じように成長できればそうはならないが、そんな人ばかりではない。

この違和感に悩む人が多いのが現実だ。

一緒にいることに違和感を感じ、別れに繋がることもしばしば。

なぜ、成長速度に違いが出るのか。そして、どうすれば別れずに済むのか。

成長速度とは

読んで字のごとく“成長する速さ”のこと。

人の成長には二種類あり、一つはスキルアップともいわれる能力面の成長。もう一つは内面の成長である。

仕事における成長とは、仕事が出来るようになること。つまり、能力面の成長にあたる。仕事では、常にスピード感をもってスキルアップすることを求められるため、応えていかなければならない。

一方、結婚生活にスキルアップは求められていない。家事育児などスキルを要するものはあるが、その成長速度が違うのは当たり前。従事している時間が違うのだから、同じレベルを求める人は誰もいない。

だが、内面は同じレベルであってほしいもの。

あなたの隣で同じ景色を見ていたい。あなたは一緒に家庭を築き、共に人生を歩んでいく人だから。

そのためには、二人内面が同じように成長する必要がある。

内面とは、精神や心のこと。それに伴う感性や考え方のこと。

これに差があると、見える景色も立ち位置も違ってしまう。

これからいう成長とは、人間性の成長である、人の内面の成長のこと。

なぜ成長速度に違いが出てしまうのか

成長とは変化である

始めのうちは、同じような考え、似たような人間だと思い、意気投合する。

けれど、人は成長していくもの。恋愛や仕事、結婚や出産等、様々な経験を積み、多くのものに触れ、多くの人と関わることで、考え方も感じ方も変化する。

その変化こそが成長なのだ。

成長していった先、隣にあなたはいなかった

振り返ると、あなたはずっと後ろにいた。

あなたはそこから動かないの?一緒に隣を歩いてはくれないの?

あなたは何も変わっていないんだね。いつになったらここまで来てくれるのかな。

いつの間にか自分だけが成長してしまい、考え方も何もかも相手と全く合わなくなっていた。

結婚したら変わるものと思っていても、思うように人は成長してくれない。言葉で伝えても伝わらない。

成長は自らの意識によってのみ出来ることで、他人に求めるのは難儀なのだ。

成長速度が違うのは、一方に成長する気がないから

結婚生活は問題の連続。色んなことを2人で乗り越え、共に成長していかなければならない。家庭をもち、責任が増える。一人の責任ではなく、二人の責任だ。

どちらかが頼りっきりだったり、問題に全く無関心だと、その人の成長は見込めない。

自ら歩き出す気のない人は、いつまで待っても成長しない

あなたが自分で歩いてくれないから、私は来た道を戻ってあなたの元へ行く。あなたを背負ってゆっくりと歩く。

いつからか、ずっとおんぶに抱っこ状態。いつになったら自ら歩こうとしてくれるんだろう。いい大人だっていうのに。

そんなの誰だって嫌になる。

自ら歩き出す気のない人は、待てど待てど成長しない。私があなたを背負って歩いても、そのスピードはすごく遅い。

待つのも背負うのも限界がある。もう疲れたから一人で歩くね。

なぜ長く続かないのか

一方は成長していき、もう一方はずっと変わらない。変わらないことがいい場合もあるが、この場合はNOだ。

わかり合えない

いつまでたっても子どものような人と、成長し続けている人では、必然的に噛み合わなくなる。物事に対する考え方や感じ方が違うため、共感もできなくなる

目標や意識を共有したくとも、「わかり合えない」という状況になる。

釣り合わない

二人の成長度合いに大きな差が出来てきたとき、一方が一緒にいることに嫌になる。

私はもっと成長したいのに、あなたを背負ってはこれ以上歩けない。

この人といても成長出来ない。 この人は自分の成長を妨げている。いつまでもそんな考えには付き合っていられない。

こんな風に、どちらかが見下してしまったり、釣り合わないと感じる。

同じ時を共にしながら、共に成長できない二人は、夫婦としても恋人としてもうまくいくはずがない。

長く続くにはどうすればよいか

共に成長していく

共に成長していける関係を築ければ最高。そういう相手となら、この先どんな困難があっても二人で乗り越えていける。

人は成長するもの。いつまでも今のままではいられない。

現状にあぐらをかかず、共に成長していきたい。

同じような環境に置かれ、同じような経験をしていけば、二人とも自然と成長していくはず。

もし、二人の間に差が生まれてしまっても、埋められない差ではない。

誰しも、状況に応じて変化できるポテンシャルを秘めているんだから。

差を埋める

成長速度が違っても、その気があれば埋めることが出来る。

共に成長できていないと気付いたなら、差を埋めること。

パートナーと成長速度が違うと感じているなら、一方は少し立ち止まってみる。立ち止まるだけでいい、迎えに行く必要はない。

あなたと共に生きていく人なら、必ず隣に来てくれる。

もう一方は頑張って追いつく努力をする。「相手に言われて仕方なく」という感じでは、見た目だけ進んでいるだけで、中身は置いてけぼりだ。いつまでたっても追いつけない。

自ら歩きだすほかない。

相手とこの先ずっと一緒に歩んで行く気があるなら、今、一歩踏み出そう。あなたのことを待っている人がいるんだから。

タイトルとURLをコピーしました