「こういう風に生きたい」っていうのは、窮屈すぎる

life
  • 自分らしく生きたい
  • 好きなことをして生きたい
  • 悔いのないように生きたい

私にはどれも無理。

「こういう風に生きたい」って思えることはいいことだけど、そう思いたいたいとは思わない。

これは、なぜ、そう思うのか。そして、どう生きていくのかの話。

「こういう風に生きたい」という願望はハードルが高すぎる

生きていれば自分らしくあれない時はある

毎朝、外用の顔を作り、満員電車で通勤、顔の表面だけ器用に動かして挨拶、パソコンと数字とにらめっこ。

なにこれ、全然自分らしくない。

好きなことをして生きるなんて難しい

一人ならまだしも、家庭を持つと一気に難易度が上がる。一人であれば、気楽にどこへでも行って、その日暮らしでも、危険なことでもなんでもすればいい。すごく楽しいと思う。

けど、子どもがいたり、大切な人がいるとそうもいかなくなる。自分だけの命、自分だけの人生ではないからだ。そうした規制の中で少しだけ好きなことが出来る。出来てもそんなもん。それを「心の底から好きなことをして生きている」といえるだろうか。

一人でも、ほとんどの人は好きなことをして生きていない。仕事は嫌だし、人間関係も面倒くさい。

増えていくto doリスト。減らないwant toリスト。

全ての嫌なことを避けるのは、降り続く弾丸を全て避けるのと同じくらい難しい。

生きていれば悔いは必ずどこかにある

後悔があることに気づいていない人は、どこかに置いてきているか、奥深くにしまい込んでいるだけ。

ほら、見つけた。こんなところにいたのね。

悔いのない人生を生きるなんて無茶ぶりだ。

あ、そういえば、一つだけ悔いのない人生を生きる方法があるよ。

それは

  • 決められた人生を
  • 何も考えずに
  • 決められた通りに
  • 生きる

そんな人生だったら後悔のしようがないよね。だって、何も考えていないし、自分で何一つ決めていない。

でも、そんな人生嫌だ。全然楽しくない。

ほら、やっぱり私には無理難題

勉強すれば解ける難題とは種類が違う。やって出来ないこともないかもしれない。

けど、相当の覚悟と努力が必要だ。

じゃあ、もっと難易度を下げればいいのか?

難易度を下げたところで、簡単な問題はクリアできてしまう。もっとこうなりたい!と高みを目指してしまうのが人間。

結局、難易度はマックスになるんだ。

そんな窮屈な人生は望んでいない

こういう生き方をしたいって決めたのに、出来ない。そんな自分になりたくない。

「こうならなければならない」と、無意識に自分の首を自分で締めている。

息が詰まる。まるで、こうありたいっていう願望と一緒にスーツケースに詰め込まれているようだ。

出来ないなら、決めない方がよっぽど楽に生きられる

窮屈だと感じるなら、そんなの取っ払ってそこから出てしまえばいい。

生き方なんて決めずに生きる。

でも、大切なことは心に留めておく。信念とかそういう自分の根っこの部分。

それさえしっかりあれば生き方なんて決めなくても大丈夫。ちゃんと生きられる。

私は一足先に出ちゃったよ。お先に失礼。軽くなったスーツケースを携えて、目的地まで軽やかに、そして全力で歩くんだ。

タイトルとURLをコピーしました