離婚に繋がる「産後クライシス」のリアル

life

「産後クライシス」のリアルは言葉の何倍も壮絶である。ホルモンバランスがどうこうも関係してくるが、根本の原因はそれではない。

もし、ホルモンバランスが改善されて解決するなら、クライシスには陥らないはずだ。

アインシュタインはこう言った。

『男は結婚するとき、女が変わらないことを望む。女は結婚するとき、男が変わることを望む。お互いに失望することは不可避だ。』

だが、実際は、女は結婚するとき、男に変わることを望まない。なぜなら、二人の関係がベストな状態であるからこそ、結婚するのだ。

この言葉は結婚するときではなく、子供を授かったとき、現実となる。

二人だけの関係はベストでも、子供を授かると、二人の間に少しずつズレが生じ、かみ合っていたものがかみ合わなくなる。少しのズレから歯車狂い始める。

ズレはなぜ生じるのか

結婚して子供を授かると、夫を男としてだけでなく“父親”として見る。それは母親となった女の本能であり、理性が介入するところではない。そして、父親になれない夫を見て落胆する。

この時点ではまだズレは生じていない。なぜなら、妻は期待しているから。

「赤ちゃんが生まれたら変わってくれる、まだ父親の自覚が芽生えないだけなんだ」

と、夫の変化を信じ続ける。

その思いが時間をかけて裏切られていく過程で、少しずつズレが生じてくる。

子育てが始まると、その小さなズレが、堰を切ったように急激に大きくなり、歯車が修復不能なまでに狂っていく。

命を授かった喜びを分かち合えない、どこか他人事の夫。

自分の身体が劇的に変わっていくのを理解してくれない夫。

身体が変化し、辛い諸症状が出ても支えてくれない夫。

子育てについて関心のない夫。

子どものための将来設計をしようとしない夫。

父親になろうとしない夫に失望する

「子どもが生まれるまでは父親になることなんて難しい、存在を感じていないのになれといわれても無理だ」

と、思うかもしれない。だが、生物学的には、男も女も“子供を授かった瞬間から親”なのだ。そこに性差はない。

重要なのは、社会的に親になれるかどうかだ。

妻は二人の子が生まれる前から、徐々に母親になっている。なっているというより、なろうとしている。

同じように、夫にも父親になっていくことを期待するのは当然だし、自ら父親になろうとしなければならない。

まだ父親らしくなれなくてもいい

だけど、なろうとしてほしいんだ。

妊娠を経験してないから父親になれないのではなく、父親になろうとしていないだけ。

つまり、「意識の問題」である。

なろうとする意識、これが大切。その意識を見せてくれるだけでいいのに。

妻は出産前から母親になろうとしている

妊娠中、自分の中にいるわが子を感じ、母親としての自覚と責任が芽生えてくる。母親になろうとする。

そして、出産を通して心も体も母親となり、「この子を必死に守り抜かなければならい」そう思うんだ。

子育てなんてしたことないのに、“一人前の母親”として子どもを育てていかなければならない

生まれてきたばかりで肌も薄く、細くて折れそうな手足、その小さな身体で懸命に生きようとするわが子。

泣いているわが子と、何もわからない私。

まるで、「あなたの責任で生かしなさい。この子の命はあなたにかかっているの。母親なのだからこのくらい出来て当然、母親なのだからこのくらい分かって当然。」と、言われているようだ。

誰に言われるわけでもないが、母となった妻は、母親としての役割を果たそうとする。否応なしにそういう状況に置かれる。

産後、父親となったであろう夫を見て愕然とする

まだなの?

赤ちゃんが生まれるまで何か月も信じて、待ちに待った。

なのに、まだ父親になれていない夫がいる。妻はとっくの前に覚悟を決めて、母親になっているというのに。

いろんな手を尽くして父親になってもらおうとしてきたのに、何も伝わってなかったのかな。

子どもができれば自覚がわく人が多いだろう。中には、いつまでも独身気分で妻に頼りっきりの人もいる。

変わらない夫が憎い

母親は子育てに身も心も削る

泣きわめく声を一日中聞き、頻度の多い授乳のせいでほとんど抱っこしたきり。赤ちゃんの体を清潔に保ち、食事を与え、赤ちゃんのために掃除もしなくてはならない。

身動きも取れず、夜も眠れず、それはもう命がけで子供を育てている。心身ともにわが子に捧げるのだ。

夫は父親になることはなく、何も変わらない

今まで述べたように妻は変わらざるを得ない。

だが、夫はどうだ。

今までと同じように朝はギリギリに起き、昼間は仕事に行き、帰ってきてからは好きなことをし、夜は眠る。

何事もなかったかのように、何の変化もなく穏やかに過ごす夫が羨ましい。

赤ちゃんこんなに泣いてるよ。私はこんなにボロボロなのに、二人の子なのに、どうして私だけ。

羨望が嫉妬へ、そして憎しみへと変わっていく。

夫は生活ではなく、意識を変えなければならない

夫は仕事があるため、育休中の妻のように劇的に生活を変える必要はない。

だが、父親となる必要だけはある。意識を父親モードに変えなければならないのだ。

母親の思考は子供中心となる。夫のことを「子どもの父親」として見るため、父親としての姿を求める。

父親として、

子どもの見本となり、良い影響を与えてくれるか。

子どもを守ってくれるか。

子どもにかかる費用を稼いでくれるか。

子どもに適切な教育ができるか。

子どもの将来を考えてくれるか。

そういう目線で見る。

もちろん、母親にこれらの意識はある。求めているだけではなく、いざとなれば担う覚悟も。

けど、夫にその気はあるのか、その意識はあるのか。父親になるとはそういうこと。

妻は母親となったとき、夫を父親として頼りにしたいと思う

夫はいつまでも変わらないままではダメなのだ。

初めての子育て、分からないことだらけで不安でいっぱい。社会との繋がりが希薄になり、ずっと子どもにつきっきり。弱音を吐きたい、身体もきつい、助けて。

そんな状態の妻は、夫に頼らず、誰に頼るというのか。

独身気分の夫、家族を守る気のない夫、頼りにならない夫、父親らしくない夫。

いつまでも変わる気のない夫。

あぁ、もう限界だ。あれ、好きっていう気持ちどこにいったっけ。

そして、「頼りにならない夫ならいらない」「子どもがもう一人いるみたいで余計疲れる」「こんな父親、子どもに悪影響」「夫嫌い」「顔も見たくない」

「離婚したい」

という思考に陥る。

これが産後クライシスのリアルである。

夫婦は親となったとき、どうあるべきか

夫は妻の一番の話し相手であり、理解者でなければいけない。

母親が「子どもに悪影響だ」と思うことを父親がしてはいけない。

逆も然り。当然である。

一方が変われば、もう一方も変わる。

お互いを思いやり、苦楽を分かち合い、共に成長していく。

これがあるべき姿ではないだろうか。

そうあれば、産後クライシスには陥らないだろうし、離婚に繋がることもない。

「愛するわが子を二人で育てたい」

お互い、そう思っているんだから。

タイトルとURLをコピーしました